【レビュー】一家に一つ!RSタイチ膝用プロテクター TRV080

【レビュー】RSタイチ膝用プロテクターTRV080装備品
この記事は約8分で読めます。
Sponsorink

RSタイチから販売されている膝用プロテクターを購入しました。

実際に使ってみた感想を含め、レビューを記載しているのでご覧ください。

この記事を読むべき人は・・・
  • 膝用プロテクターの購入を検討している人
  • ライディングパンツの購入を検討している人
  • 通勤通学でバイクを利用する人

商品紹介

RSタイチ膝用プロテクターTRV080商品紹介

まずは商品紹介です。

メーカーRSタイチ
品番TRV080BK01L
商品名ステルス CE(LV2) ニーガード
定価4,700円(税抜)

Good Point

RSタイチ膝用プロテクターTRV080GoodPoint

まずは良いなと思ったポイントから。

もちろん商品スペックを見れば分かることもありますが、実際に使ってみないと分からないこともあります。

それらを含め、レビューをしています。

装着感

RSタイチ膝用プロテクターTRV080装着感
プロテクターを装着してしゃがんでもキツくない!

肌に直接触れるプロテクターであるため、やはり装着感は気になると思います。

一般的なジーンズや、ストレッチタイプのパンツの下に装着した感想としては、ゴワツキや膝の動きによるズレなどは、あまり気になりませんでした。

プロテクター本体が、少し膝を曲げた状態に合うように形作られているため、バイクを跨がった際に折れて気になるといったこともありません。

歩行に関しても気にする程ではなく、1日装着していましたが、付け直しをすることもありませんでした。

何と言ってもスリム

RSタイチ膝用プロテクターTRV080何と言ってもスリム
ストレッチパンツを穿いて撮影

ライディングパンツはバイク専用に作られているため、プロテクターが装着できたり耐摩耗性に優れているなど安全性は高いですが、デザインやカラーバリエーションが残念な事が多いです。

また、価格も高く、女性向けのパンツに関しては数も少ないため、種類を揃えるのも容易ではありません。

極め付けはライディングパンツはゴツいものが多いため、バイクを降りた後のことを考えると、一般的なパンツで歩きたいと思うことがあります。

そんな時に、このインナープロテクターが活躍します。

チノパンなどのスリムパンツでなければ装備でき、悪目立ちもしないため、そのまま街中を歩く事ができます。

安心安全のCEレベル2

RSタイチ膝用プロテクターTRV080安心安全のCEレベル2
上部から取り出す事ができる

プロテクターの安全性能を表す指標として存在するCE規格。

CEレベル1・2とある中で、最も優れている方のレベル2を取得しています。

購入するなら良いものを揃えるべきたと思いますので、CEレベル2を取得しているこの商品はおすすめできます。

CE規格について詳しく紹介した記事

汎用性

RSタイチ膝用プロテクターTRV080汎用性
他社のライディングパンツに流用可!

このプロテクターは中身を取り出せるため、将来的にライディングパンツを購入した場合などにも、プロテクターを入れ替えて使うことができます。

ライディングパンツに標準装備されているプロテクターは、CE規格を通していない場合や、レベル1のものが多いので、CEレベル2であるこのプロテクターは、将来的に無駄にならないと考えます。

生地と衛生面

RSタイチ膝用プロテクターTRV080生地と衛生面
ツルツル・サラサラな触り心地

肌に触れる生地はポリエステルが90%、ポリエチレンが10%使われています。

大部分はアンダーアーマーなどのインナーと同じ感触です。膝の裏側に当たる面については、ゴワツキの無いメッシュ生地となっています。

汗が付着してもすぐに乾く(吸汗速乾)ため、蒸れて気持ち悪くなることもありませんでした。

また、プロテクターを取り出して洗濯をすることにより、衛生的に使う事ができます。

Bad Point

RSタイチ膝用プロテクターTRV080BadPoint

次にBad Pointについて。

Badと書いていますが、「イマイチかな?」と思う程度の内容です。

耐久性に懸念あり

RSタイチ膝用プロテクターTRV080耐久性に懸念あり

プロテクターを装着する場合は、ゴム紐に縫い付けられたマジックテープを使って固定しますが、将来的にこのベルトが伸びてしまうことが懸念されます。

おそらく教習所で貸し出されていたプロテクターは、ベルト部分が伸びてしまっていたと思います。

それと似たような素材で作られているため、将来的に伸びてくる可能性があると考えられます。

締め付けを最小限に留めるなど、使い方を工夫して寿命を伸ばす必要がありそうです。

RSタイチ膝用プロテクターレビューまとめ

RSタイチ膝用プロテクターTRV080レビューまとめ

RSタイチの膝用プロテクターのレビューでした。

プロテクターは実際に事故に合わない限り、無用なものです。

しかし事故に遭遇した場合、プロテクターを装備しているか・していないかでは、怪我の具合も大きく違ってきます。

今回紹介をした膝用プロテクターは、金額として5,000円程度で購入でき、決して手が出せない価格では無いと思います。

ぜひ購入を検討いただき、安心・安全で楽しいバイクライフをお送りください。

コメント