バイクの寿命を縮める!避けるべき駐車場所と保管方法

避けるべき駐車場所と保管方法維持管理
この記事は約13分で読めます。
Sponsorink

バイクの駐車場所・保管方法について考えたことはありますか?

多くのお金を出して購入するバイクですから、空いている場所だからと適当に駐車するのでは無く、しっかりと場所を選んで駐車をするべきです。

この記事では、駐車場所を探す時に役立つ情報として、通常よりも何倍も早くバイクが痛んでしまう駐車場所・保管方法を紹介しています。

この記事を読むべき人は・・・
  • バイクの保管場所を探している人
  • バイクの劣化を防ぎたいと考えている人
  • 避けるべき駐車場所、保管方法を知りたい人

裸の状態で保管

避けるべき駐車場所と保管方法:雨風

バイクの保管場所として、最も多く利用されている場所は、屋根付きの駐輪場です。

屋根があるため、保管方法としては悪くないと思いがちですが、バイクはスピードメーターやスイッチ、エンジンやサスペンションなどが露出しているため、横殴りの雨や砂埃などを被り、長い時間をかけて各部が劣化してしまいます。

これらを防ぐために、最も効果的且つ安価な方法は、バイクカバーを被せることです。

バイクカバーは汚れを防ぐだけでなく、盗難やイタズラ・駐輪場でのトラブルを防ぐこなど、様々な効果を期待できる欠かせないアイテムです。

そのため、屋根の有無などバイクを保管する場所に関わらず、バイクカバーを被せて保管をしましょう。

もし、バイク用に広めの駐車場を借りる場合や、戸建て住宅で駐車場所に余裕がある場合は、テント型のバイクカバーを設置することで、バイクを守りつつ、出し入れがしやすくなるため、こちらもおすすめです。

舗装されていない場所で保管

避けるべき駐車場所と保管方法:未舗装場所

バイクを保管は、コンクリートやアスファルトで舗装された場所にしましょう。

砂利や土で固められた駐車場は、湿気が溜まりやすく、チェーンや塗装がされていない箇所に錆が発生したり、害虫の被害に合いやすくなります。

特に、錆はメンテナンスをしても綺麗に落とすことはできません。見た目が悪くなるだけでなく、走行性能へ影響が出る場合もあるため、舗装された場所に駐車することが不可欠です。


それでも様々な理由で、土や砂利が敷かれた場所でバイクを保管をする場合は、バイクカバーはせずに駐車をしましょう。

バイクカバーをしていると、地面から蒸発した水分がバイクカバー内部に溜まり、バイクが劣悪な環境で保管されてしまうことになります。

換気不足になりやすい倉庫

避けるべき駐車場所と保管方法:換気不足湿気チェーン

倉庫や物置は、バイクを保管することに向いていると思いがちですが、通気口・換気口の無い倉庫でバイクを保管することは避けるべきです。

前項と同様に湿気が溜まり、バイクが錆びやすくなってしまいます。

しかしながら、「雨が降った翌日には扉を開けて換気をする」「除湿剤を設置する」など対策を行える場合は、保管場所として利用しても問題はないでしょう。

樹木の下で駐車・保管

避けるべき駐車場所と保管方法:樹木

自宅や外出先に関係無く、バイクを停める場所に木が植えられている場合は、注意が必要です。

多くの木は蜜を出します。この蜜がバイクに付着することで、塗装へのダメージや電子機器の不具合につながる場合があります。

特に蜜が垂れやすくなる夏場は、木の周辺に駐車することを避け、建物の日陰やカーポートなどを利用して駐車するようにしましょう。

Sponsorink

避けるべき駐車場所と保管方法

避けるべき駐車場所と保管方法まとめ

避けるべき駐車場所・保管方法を紹介しました。

紹介した全てに共通することは、可能な限り水分を避けて保管するべきということです。

一度劣化してしまった部品は、基本的に元の性能に戻ることはありません。そのため、良い環境でバイクを保管してあげる程、バイクの寿命も長くなります。

せっかく免許取得から納車まで、たくさんの時間をかけて購入したバイクですから、面倒だからとは思わず、大切にしましょう。

これらの駐車場所・保管方法を避ける
  • 雨に晒される場所
  • 砂埃がかかりやすい状態での保管
  • 舗装されていない場所
  • 湿気が溜まりやすい場所
  • 木の下

コメント