転倒注意!バイクを坂道で安全に駐車する2つのポイント

転倒注意!バイクを坂道で安全に駐車する2つのポイント運転技術
この記事は約3分で読めます。
Sponsorink

駐車時にバイクを転倒させたことがない人はラッキー!と言える程、多くの初心者ライダーが一度は体験する駐車時の転倒。

駐車している時にバイクが転倒する原因は、道路環境によるものと、外部からの衝撃による2つに分かれます。

この記事では、前者を更に深掘りした、坂道で駐車をする時の注意点を解説します。

この記事を読むべき人は・・・
  • バイクに乗り始めた全ての人
  • 坂道でバイクを駐車することがある人
  • ツーリング中に見つけた絶景ポイントで駐車をする人

坂道駐車で転倒を防止する方法

転倒注意!バイクを坂道で安全に駐車する2つのポイント:転倒防止方法

バイクを坂道に駐車する際、行うべきたった2つのポイントはこちら。

  1. 駐車時のバイクの向きに注意する
  2. ギアを上手く活用する

この2つの対策をすることで、外的要因(イタズラや風など)がない限りバイクが転倒することは無くなります。

ここからは、それぞれの項目を詳しくみていきましょう。

駐車時のバイクの向きに注意

転倒注意!バイクを坂道で安全に駐車する2つのポイント:バイクの向き

傾斜のついた場所にバイクを駐車する際は、傾斜とバイクの向きに注意をしましょう。

この場合に最も安全にバイクを駐車する方法は、傾斜の上側にバイクの頭を向けて駐車することです。

理由はサイドスタンドの構造を考えれば簡単です。

転倒注意!バイクを坂道で安全に駐車する2つのポイント:サイドスタンドの動き

どのバイクでも、サイドスタンドはバイクのフレームを軸に、下ろす場合は後方から前方、上げる場合は前方から後方に向けて動く構造になっています。

そのため、バイクの頭が傾斜の下側を向いていると、自重や外部からの衝撃で動き出した場合に、サイドスタンドが格納され、バイクは転倒してしまうのです。

CHECK

傾斜に対し、横向きにバイクを駐車したい場合は、サイドスタンド(バイク右側面)を下にして駐車しよう。

サイドスタンド(バイク左側面)を傾斜の上に向けて駐車した場合、平面に駐車よりも簡単にバイクが倒れます。

Sponsorink

ギアを活用する

転倒注意!バイクを坂道で安全に駐車する2つのポイント:ギアを入れる

駐車時の向きに加え、ギア(シフト)を1速に入れて駐車をすることで、安全にバイクを停める事ができます。(バイクが坂道の下を向いた形で駐車したい場合でもOK。)

3ステップでできる対策です。実際に手順を確認してみましょう。

Step.1 停車後にギアを1速に入れる

転倒注意!バイクを坂道で安全に駐車する2つのポイント:1速にする

停車後、エンジンを切った後にギアを1速に入れます。

駐車場所に1速で入り込み、停車した場合は、ニュートラルに戻さずクラッチを握ったまま、エンジンを切っても問題ありません。

Step.2 バイクを下り側に動かす

転倒注意!バイクを坂道で安全に駐車する2つのポイント:1速に入れて動かす

傾斜の下っている方向に、バイクを動かしましょう。

ギアを1速に入れてからバイクを動かすことで、ギアが噛み合い、それ以上先にバイクが動かない状態になります。(タイヤを縁石に当てている様な状態になる。)

Step.3 サイドスタンドを使って駐車する

転倒注意!バイクを坂道で安全に駐車する2つのポイント:サイドスタンドを使う

バイクが下らないことを確認したら、サイドスタンドを使って駐車します。

POINT

バイクを再始動させる場合は、Step.2の反対方向にバイクを動かし、ギアをニュートラルに入れましょう。(ギアが噛み合った状態ではニュートラルに入りにくいため。)

また、バイクの頭を坂道の上に向けて停めた場合、フロントフォークを勢いよく沈み込ませることで、バイクが前方に動くため、坂道でも再始動(ニュートラルに)しやすくなります。

バイクを坂道で安全に駐車する2つのポイントまとめ

転倒注意!バイクを坂道で安全に駐車する2つのポイントまとめ

バイクのギアをニュートラルで坂道に駐車してしまうと、確実に転倒してしまいます。

今回紹介をした2つのポイントを意識し、安全対策に勤めましょう。

また、平面駐車場でもギアを入れて駐車することで、外的要因によるバイクの転倒を防ぐ事ができます。

坂道駐車の転倒対策
  • ギアを1速に入れ、当て止めする。
  • 坂に対してバイクは垂直に駐車する。
  • バイクの頭を坂道の上側にして駐車すると効果的。

コメント