バイクの車検費用を徹底解説

バイクの車検費用を徹底解説バイク選び
この記事は約4分で読めます。
Sponsorink

250ccの排気量を超えるバイクは、車検を2年ごとに受ける必要があります。(新車は3年後)

そのため、大排気量のバイクを買う場合は、車検費用がどのくらいかかるか心配だと思います。

この記事では、そんな疑問を解消するために、バイクの車検の費用はどのくらいかかるか紹介しています。

バイクの車検費用

バイクの車検費用

バイクの車検には最低限かかる費用として、法定費用というものがあります。

バイクの車検を受けるための法定費用としては、重量税、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)、印紙代があり、各費用の内訳を以下の表にまとめています。

詳細金額(円)
重量税初度登録より13年未満3,800
初度登録より13年超~18年未満4,400
初度登録より18年超5,000
自賠責保険24ヶ月分11,520
25ヶ月分11,780
印紙代基準適合性審査料1,300
自動車検査手数料400
用紙代50

重量税及び自賠責保険は、それぞれ表中のいずれか1つを納付し、印紙代は全て納付することになります。

例1

初度登録から7年が経過しているバイクを車検に通す場合

3,800円重量税 + 11,780円自賠責保険 + 1,300円基準適合性審査料 + 400円自動車検査手数料 + 50円用紙代 = 17,330円合計

例2

初度登録から15年が経過しているバイクを車検に通す場合

4,400円重量税 + 11,780円自賠責保険 + 1,300円基準適合性審査料 + 400円自動車検査手数料 + 50円用紙代 = 17,930円合計

車検の通し方による費用の違い

バイクの車検の通し方による費用の違い

これから紹介するのは、車検の通し方ついてです。

車検を受ける方法は2通りあり、販売店等で行う車検と、ユーザー車検があり、これらの違いについて紹介します。

販売店などで行う車検

バイク販売店や、車検を請け負っている専門店などで車検を受ける方法です。

車検費用として、法定費用の他にこれらの費用が発生します。

  • 車検代行費用
  • 法定整備費用
  • 整備費用
  • 部品代

法定費用は一律ですが、これらの費用についてはメーカーや店舗によって、価格に違いがあります。

ホンダドリームなどの正規販売店で、400ccクラスのバイクの車検を受ける場合の目安は、

  • 車検代行費用:22,000円程度
  • 法定整備費用:〜20,000円程度

これらは年式や排気量が上がることで、費用が増える傾向にあります。

また、この他にタイヤなどの消耗品類や、故障などにより交換が必要な場合は、部品代と整備費用(工賃)が発生することになります。

これらの費用+法定費用+部品交換費用を合わせて、6万円〜8万円程度をみておけば、事足りると思います。(ただし部品代により大きく変わります。)

ユーザー車検

ユーザー車検はバイクの所有者本人が、最寄りの陸運局までバイクを持ち込み、車検に通す方法です。

この場合は、最低限の法定費用のみで車検を通すことが可能です。

しかし、ユーザー車検では、スピードメーターが正常に作動しない場合や、タイヤが基準値よりも摩耗しているなど、保安基準に満たない場合は不合格となります。

不合格となった場合は自身で修理・交換を行い、合格判定が下りるまで、何度も車検に望まなくてはいけません。

ご自身の手で普段から整備をしており、車両の状態に自信がある場合には、ユーザー車検を受ける事をおすすめしますが、そうでない場合は、販売店などに依頼しましょう。

販売店で車検を通す事をおすすめ

バイク販売店で車検を通す事をおすすめ

結論として、バイクの販売店に車検を依頼すると良いでしょう。

車検は人間でいうところの健康診断といったところでしょうか。そんな時くらい、きちんとプロに診てもらい、しっかりとした整備をする事をおすすめします。

タイヤの空気圧やチェーンの清掃・給油は自身でできても、エンジンオイルやプラグの交換、エアクリーナーの交換などは、ある程度の知識が無いと困難です。

また、何台ものバイクを診てきた整備士にしか分からない、個体の違和感なども察知し、改善してくれるかもしれません。

車検後の安心・安全を買うという意味でも、プロに任せる事をおすすめします。

バイクの車検費用を徹底解説まとめ

バイクの車検費用を徹底解説まとめ

バイクの車検にかかる費用について紹介しました。

250ccを超えるバイクは車検が必要になります。しかし、車検自体にかかる費用は自賠責保険を除き、5,500円からです。

当然、250cc以下のバイクでも自賠責保険への加入は絶対ですので、車検のハードルは低いと思われます。

また、点検整備の費用についても、本来であれば排気量関係なく、半年・1年単位で行うべき内容であるため、維持にかかる費用に差は生じません。

「車検があることによって、維持費が高くなるから小さい排気量のバイクにする。」と考える前に、きちんと比較をして好きなバイクを購入する事をおすすめします。

コメント