【実話】バイク事故の加害者になってしまった話【必ず任意保険に加入しよう】

【実話】バイク事故の加害者になってしまった話【必ず任意保険に加入しよう】維持管理
この記事は約5分で読めます。
Sponsorink

これからバイクを買おうとしている方は、任意保険の加入は検討していますか?
はたまた、バイクを所有している方は、任意保険に加入していますか?

「自分は安全運転をするから・技術があるから大丈夫」なんて考えは、自身の将来を壊す原因になりかねません。

今回は、実際に私が加害者となってしまった事例を含め、任意保険に加入することの大切さを記事にしています。

はじめに

はじめに:結論

まずは、結論から。

自動車・バイクを運転するなら、必ず任意保険に加入しましょう。

理由は簡単で、事故相手への補償だけの話では無く、いつ加害者となり、高額な慰謝料を支払うことになるかもしれない、あなた自身のために書いています。

\複数見積もりで安く保険に加入しましょう/
/ 条件次第では400ccで年間1万円代も! \

自賠責保険と任意保険

自賠責保険と任意保険の違い

保険なんてバイク買ったときに”なんちゃら保険”に入ったじゃねぇか

ちょっと待ってください。それはきっと”自賠責保険”です。

自賠責保険の保証内容は十分なものとは言えません。

乗り物を運転する上で、加入するべきなのは”任意保険”です。

なるほど・・・。

じゃあその、自賠責保険と任意保険の違いって何なんだ?

自賠責保険とは

自賠責保険とは、自動車や二輪車を使用する場合に、法律によって加入が義務づけられている保険(強制保険)です。

これに加入しない・期限が切れている状態で運転をすると、法律違反となり禁固刑・罰金刑を処される場合があります。

補償内容は事故が起きた場合に、治療費や休業損害、後遺症や死亡などによる損害の補償をしますが、ケガの種類によって、それぞれ限度額が決められています。

任意保険とは

自動車・二輪車ともに、たくさんの保険会社が提供している任意の保険です。

相手方への賠償額が自賠責保険の限度額を超えて請求された場合に、任意保険で補填することができます。

また、自賠責保険では保証対象外となる物的補償や、加入内容によっては自身の車両も任意保険を使って賠償・修理することができます。

自賠責保険と任意保険の組み合わせ

自賠責保けと任意保険の組み合わせ

自賠責保険と任意保険について説明をしてきましたが、「自賠責保険には補償がされる限度額がある」という点に着目してください。

例えば事故の相手を死亡させてしまった場合、自賠責保険では最高で3,000万円しか、補償することができません。

もしこの時に、任意保険に加入しておらず、3,000万円以上の賠償請求をされた場合、残りの金額は加害者となる、自身で負担をしなくてはいけません。

しかし、任意保険に加入をしていれば、自己負担となるはずだった金額を、任意保険の対人賠償補償で支払うことになります。

また、任意保険に加入をしていない場合、和解するまでの全てのことを、自身で行わなくてはいけません。

任意保険会社が対応してくれること

  • 事故の責任割合の話し合い
  • 物事の進展があった際の報告・連絡
  • 治療費の保証
  • 後遺症の保証
  • 慰謝料の保証
  • 休業損害の保証
  • 物的損害の保証

etc…

これらの全て、相手に更なる不安を感じさせないことが必要ですので、知識の無い一般人には到底できることではないと思います。

よって、任意保険への加入は絶対に必要だと考えます。

物を壊してしまった場合

物を壊してしまった場合:ガードレール

次に、物損事故についてです。

事故相手にケガが無い場合や、ガードレールなどの建造物などを壊してしまった場合は、物損事故となります。

自賠責保険には対物補償はありませんので、壊した物を補償してくれるのは任意保険の対物補償です。

人身事故と同様に、任意保険に加入していなかった場合は、全て自分で補償をしなくてはいけません。

インターネットで対物補償の事例を検索すると、例えば電車との事故を起こしてしまった場合には億単位で損害請求をされたケースなどがあります。

私が加害者になってしまった話

加害者になってしまった話

ここからは、私が実際に加害者になってしまった時の実話です。


自宅の賃貸の駐輪場にバイクを停めている日のこと、その日は天気予報で強風警報が出ていました。

しかし私は、この駐輪場では「台風が来てもバイクは倒れなかった実績があるから大丈夫。」という判断をしてしまい、普段通りに駐車をしていました。

そして、夕方に駐輪場を見てみると、バイクが倒れており、隣に停められていたバイクを下敷きにして、2台で共倒れしていたのです。

そう、私は知らない間に加害者になっていました

その後、バイクを起こし、相手の所有者と連絡を取り、被害状況を確認。

相手のバイクは倒れた先にカーポートの支柱があり、そこにタンクが接触。タンク右側に大きな凹みができ、エンジンガードにも傷を付けてしまっていました。

結果的に、バイクの修理費は20万円超ということで、任意保険を使って補償をすることになりました。


この事故は、私はバイクの運転をしておらず、自然が猛威を振るった形にはなりますが、私の管理不足による損害であることから、責任割合は10対0ということでした。

こういった場合でも補償を受けることができるのが、任意保険です。
この時ばかりは、本当に加入していて良かったと思っています。

今回は少ない補償金額で済みましたが、偶然、通りかかった人に接触し、怪我をさせていたかもしれません。

その場合は相手の怪我も補償しなくてはいけないので、補償金額は跳ね上がっていたことでしょう。

まとめ:任意保険に加入しよう

任意保険に加入しよう

任意保険は記事では書ききれないほど、たくさんの補償やサポートをしてくれる制度があります。

特に、事故相手との交渉については相手方のケアを含め、保険会社で対応をしてもらえるので、ご自身の心身的にも大きいメリットなのではないかと思います。

バイクの保険は年間2〜4万円程度ですので、ご自身の未来のためにも加入をしましょう。

\複数見積もりで安く保険に加入しましょう/
/ 条件次第では400ccで年間1万円代も! \

コメント