【12月〜2月】冬のバイクの体感温度:2019年のデータを活用

【12月〜2月】冬のバイクの体感温度:観測データを活用装備品
この記事は約21分で読めます。
Sponsorink

バイクで走行する際の体感温度について意識していますか?

12月から2月は冬本番に入るため、バイクでの走行はしっかりとした防寒対策が必須になります。

今回は、服装選びの参考にできる、東京都で観測した2019年12月〜2020年2月の気温と湿度を元に、体感温度を算出した記事になります。

記事後半では、冬のおすすめ装備を紹介しています。

月別体感温度表

では早速、月ごとの体感温度を見ていきましょう。

冒頭でも紹介した通り、東京都が公表をしている、前年同月の最低気温・最高気温及び、平均湿度を目安に算出しています。

※皮膚に付着した水分の蒸発や、直射日光による体感温度は計算に含めていません。

12月

体感温度(最低・最高気温:2.2℃〜18.9℃、平均湿度:66%


外気温(℃)

0

5

10

15

20

走行速度
(km/h)

10

-9.4

-3.6

2.1

7.9

13.7

20

-13.4

-7.1

-0.8

5.6

11.9

30

-15.6

-9.0

-2.4

4.2

10.9

40

-17.0

-10.2

-3.4

3.4

10.2

50

-18.1

-11.1

-4.2

2.8

9.7

60

-18.8

-11.8

-4.7

2.3

9.4

70

-19.4

-12.3

-5.2

2.0

9.1

80

-19.9

-12.7

-5.5

1.7

8.9

90

-20.4

-13.1

-5.8

1.4

8.7

100

-20.7

-13.4

-6.1

1.2

8.5

どうやって表を見たらいい?

先ずは、バイクに乗る日の予想最高気温・最低気温をチェック。

縦軸はその気温の数値と近いところ、横軸で走行する際の速度域を確認すると良いよ。

1月

体感温度(最低・最高気温:0.6℃〜18.6℃、平均湿度:65%


外気温(℃)

0

5

10

15

20

走行速度
(km/h)

10

-9.3

-3.6

2.2

7.9

13.7

20

-13.3

-7.0

-0.7

5.6

11.9

30

-15.5

-8.9

-2.3

4.3

10.9

40

-16.9

-10.1

-3.4

3.4

10.2

50

-17.9

-11.0

-4.1

2.8

9.7

60

-18.7

-11.7

-4.7

2.4

9.4

70

-19.3

-12.2

-5.1

2.0

9.1

80

-19.8

-12.7

-5.5

1.7

8.9

90

-20.2

-13.0

-5.8

1.4

8.7

100

-20.6

-13.3

-6.0

1.2

8.5

Sponsorink

2月

体感温度(最低・最高気温:-2.1℃〜18.2℃、平均湿度:55%

外気温(℃)

-5

0

5

10

15

20

走行速度
(km/h)

10

-14.0

-8.5

-3.0

2.5

8.0

13.5

20

-18.4

-12.4

-6.3

-0.3

5.7

11.7

30

-20.8

-14.5

-8.2

-1.9

4.4

10.7

40

-22.3

-15.8

-9.3

-2.9

3.6

10.1

50

-23.4

-16.8

-10.2

-3.6

3.0

9.7

60

-24.3

-17.6

-10.8

-4.1

2.6

9.3

70

-24.9

-18.1

-11.3

-4.5

2.3

9.1

80

-25.5

-18.6

-11.8

-4.9

2.0

8.8

90

-25.9

-19.0

-12.1

-5.2

1.7

8.6

100

-26.3

-19.4

-12.4

-5.4

1.5

8.5

冬のおすすめ装備

【12月〜2月】冬のバイクの体感温度:2019年のデータを活用おすすめ装備

12月〜2月にかけてのバイクの運転は、走り出す度に寒さを感じるようになります。

そのため、できる限りの防寒対策をおこなうことが大切です。

冬のおすすめ装備
  • ヒートテックなどの防寒インナー
  • 冬用ジャケット(ダウンジャケットだと良)
  • 冬用グローブ・電熱グローブ

特に、防寒対策をしっかりと行い、冬用グローブを着用していても、結露などにより手先が一番初めに冷え始めるため、電熱グローブの使用がおすすめです。

防寒対策のいろいろ

【12月〜2月】冬のバイクの体感温度:2019年のデータを活用:防寒対策のいろいろ

防寒対策を検討する場合に、知っていると役立つ内容を記載しています。

真冬でも革製ジャケットを着る!

冬場でも革製のジャケットでビシッとキメて、バイクに乗りたいと考えている人も多いと思います。

しかし、革製のジャケットは防風性能・保温性能がほぼ無いため、真冬には向いていません。

それでも革ジャンを着用してバイクに乗りたい場合は、以下の点に注意することで、寒さを和らげることができます。

真冬に革ジャンをきる際のPoint
  1. 服とジャケットとの間に隙間(空間)を無くす。
  2. 防風インナーを着る。
  3. グローブは腕まで伸びている物を使う。

1は厚手の服などを着込み、隙間を無くすことで、襟・袖口・裾から入り込んだ空気が身体中を廻り、寒くなるのを防ぎます。

2は防風インナーを着ることで、袖口・裾・生地から入り込もうとする空気を防ぎます。

3はハンドルを握るために前方へ向けている腕に、袖口から入り込もうとする空気を、グローブで対処します。

これらの対策を行うことで、冬場でも革ジャンを来てバイクに乗れる日が増えます。

※それでも他の防寒対策と比較すると寒い。

レインウェアは防寒対策に打ってつけ

防寒対策が不足している状態で、急遽、真冬にバイクに乗らないといけない状態になった場合は、雨具を使うことで、防寒対策ができます。

(もちろん、バイク用の防寒対策に加えて使っても効果あり!)

雨具は雨の侵入を防ぐだけでなく、風も通さないため、防風アウターのようにして使うことができ、寒さを和らげることが可能です。

冬用の雨具であれば中綿が入っているため、それだけでも防風+保温がされます。

夏用の雨具は風の侵入を防ぐだけですが、中に厚手のダウンを着用したりなど、私服で行う防寒対策レベルで、暖かい状態でバイクに乗ることができます。

個人的には、雨対策用+真冬の防寒対策用と、1着で2役活用できる夏用の雨具の購入をおすすめします。

冬のバイクで走行中の体感温度まとめ

【12月〜2月】冬のバイクの体感温度:2019年のデータを活用まとめ

2019年12月〜2020年2月の東京都の平均気温・湿度を元に、速度域ごとの体感温度を示しました。

冬場のバイクは、防寒対策をしっかり行わないと、確実に後悔をします。

特に、電熱グローブは真冬の防寒対策に打ってつけですので、購入を検討してみてください。

また、冬は早朝や山間部で、路面が凍結していたり、落ち葉が道路上に散乱していることが多いため、十分に注意して走行してください。

Sponsorink

コメント