B+COM本体と専用アプリを連携する方法【Android】

B+COM本体と専用アプリを連携する方法【Android】ガジェット
この記事は約7分で読めます。
Sponsorink

SYGNHOUSEから販売されている、インカム(SB6X)のAndroid専用アプリが2020年4月10日にリリースされました。

iOS版は一足早くリリースされていましたが、約6ヶ月遅れでAndroid版が配信された形になります。

この記事では、リリースされたAndroid用アプリとビーコムを連携させる方法を記載しています。

Android版B+COM専用アプリについて

Android版B+COM専用アプリについて
  • リリース日:2020年4月10日
  • 対応OS:Android 8.0以降のOSを搭載のスマートフォン・タブレット
  • 接続方式:Bluetooth
  • 対応機種:SB6X

アプリ紹介公式サイト:https://sygnhouse.jp/products/bcom/bcom-u-mobile/

現在は、SB6Xのみアプリとの連携が可能となっており、最近発売されたB+Com ONEは、今後対応予定とのことです。

尚、SB6X以前のモデルとなるインカム(SB4X,SB5X等)はアプリでの連携は予定されていないとのこと。

B+COMアプリでできること
(赤文字:アプリだからできること)
  • B+LINK設定、ユーザー追加・編集
  • B+LINK QRコードまたはSMSでメンバー追加
  • B+LINK グループ切替
  • 各種音量調整
  • Google Assistant音声認識
  • アプリ内の電話帳から電話発信(お気に入り登録機能あり)
  • デバイス表示名の変更
  • オーディオタンデムモードのON/OFF
  • A2DPによる制御のON/OFF
  • ユニバーサルインターコールのON/OFF
  • ビープ音量設定
  • サイドトーン設定
  • 音量記憶機能ON/OFF
  • アプリ内での取扱説明書・クイックマニュアルの閲覧

B+COM本体とスマートフォンアプリを連携させるには

B+Com専用アプリと連携させるには、ビーコム本体のバージョンを4.0以上に更新する必要があります。

アプリをインストールする前に、本体のバージョンを更新しましょう。

B+COM本体のバージョンアップをする

B+COM UでB+COM本体のバージョンアップをする

Windowsパソコンに更新ソフトをインストールします。

下記リンクのSYGNHOUSE公式サイトからダウンロードしてください。

※Mac OSには対応していません。

B+COM SB6Xアップデートプログラム <B+COM U>:https://sygnhouse.jp/support/software_update/bcom-sb6x_updater/

ダウンロードしたソフトを起動

B+COM Uソフトを起動

ソフトのインストールが完了したら、デスクトップに設置されたアイコンをダブルクリックし、起動します。

ヘルメットからB+COM本体を取り外す

ヘルメットからビーコムを取り外す

ビーコム本体をヘルメットから取り外します。

下記手順ですと楽に取り外す事ができます。

  1. 本体下に接続されているUSB-Cケーブルを抜く。
  2. ビーコム本体を上方向にスライドさせ、手前に引く。
  3. 本体前方に取り付けられているマイクケーブルを抜く。

B+COM本体をパソコンに接続

ビーコム本体をパソコンに接続

パソコン本体にビーコムを接続します。

接続ケーブルは、ビーコム本体購入時に付属しています。

B+COM U新しいバージョンがあります
クリックで拡大

パソコンにビーコム本体が正常に接続されると、以下の様な画面になります。

最新のバージョンが配信されている場合は、「新しいV**があります」と表示されます。

今回は、アプリとの連携をさせるためにV4.0以上にしなくてはいけないため、最新バージョンにアップデートします。

画面下の「最新プログラムへ更新」をクリックします。

最新バージョンにアップデートする

B+COM Uバージョンアップ警告1

インストールを開始できる様になるまで、30秒程度時間がかかります。

※インターネット環境により差は出ます。

B+COM Uバージョンアップ警告2

インストール準備が整うと、「インストール開始」ボタンがクリックできる様になりますので、開始します。

B+COM Uバージョンアップ中

インストールが開始されると、残り時間が表示されます。

V4.1は3分程度でインストールが完了します。

B+COM Uバージョンアップ完了

「V**へのアップデートが完了しました」と表示されたら無事にアップデートできています。

B+COM U最新バージョン

バージョンの項目欄に「最新バージョンです」と表示されていればOKです。

B+COM Uを閉じます。

ビーコム本体を、取り外した際の逆の手順で、ヘルメットに取り付けます。

便利機能が追加される場合もありますので、定期的にアップデートが配信されていないか、公式HPやビーコム本体を接続するなどして、確認をしましょう。

Androidにアプリをインストールする

Androidバージョンが8.0以上のスマートフォンにアプリをインストールします。

B+COM U Mobile App Google Play QR code
スマホで読み取るとGoogle Playにアクセスします。

B+COM U Mobile Appを起動

B+COM U Mobile Appメインメニュー
B+COM U Mobile App
メインメニュー

インストールが完了すると、ホーム画面等にアプリアイコンが表示されますので、タップして起動します。

利用規約・注意事項に合意した後、メインメニューが表示されます。

この画面は、ビーコム本体と連携が取れていない状態ですので、Bluetoothで接続します。

画面下の「Bluetooth設定を開く」をタップする。

スマートフォンとB+COM本体をBluetoothで接続する

スマートフォンとB+COM本体をBluetoothで接続する
Google Pixel3 Android Ver.10
Bluetooth接続画面

以下の手順でBluetooth接続する。

  1. B+COMの音量調整ダイヤルを押し込んだ状態で、上方向に4秒間ダイヤルを回し続ける
  2. ペアリング開始のアナウンスが流れたら次へ。
  3. スマートフォンで「新しいデバイスとペア設定する」をタップ。
  4. 登録可能なリストから「B+COM6 V**」をタップ
  5. 接続完了

Bluetooth接続時にPINコードを要求された場合は、「0000」を入力。

手順4補足:パソコン側でデバイス表示名(ユーザー名)を変更した場合は、その表示になります。

アプリとの連携完了

B+COM U Mobile Appスマホ連携完了
B+COM U Mobile App
メインメニュー

Bluetoothの設定が完了し、アプリの画面に戻るとメインメニューの項目が増えています。

これでアプリとの連携が完了しました。

Point

Bluetoothペアリング完了後、この画面に切り替わらない場合、ビーコム本体の電源を入れ直してください。

B+COM本体と専用アプリを連携する方法まとめ

B+COM本体と専用アプリを連携する方法まとめ

ビーコム本体と専用アプリの接続方法について、紹介しました。

ビーコムアプリを使うことにより、普段使わない機能の設定変更なども、簡単にできる様になります。

また、これまで使えなかったGoogle Assistantでの音声認識もできる様になっていますので、大変便利になったと思います。

ビーコムを使用している方はアップデートをして、アプリを使える様にすることをおすすめします。

コメント