【レビュー】Arai ASTRO-GX 良い点・悪い点を紹介

【レビュー】Arai ASTRO-GX 良い点・悪い点を紹介装備品
この記事は約10分で読めます。
Sponsorink

ヘルメットを”SHOEI GT-Air”から、”Arai ASTRO-GX”に買い替えました。

国内の有名メーカーが販売しているフルフェイスヘルメットですので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ASTRO-GXの優れている点や、改善が必要だと感じた点を紹介しています。

この記事を読むべき人は・・・
  • ヘルメットの購入を検討している人
  • ASTRO-GXの使用感を知りた人
  • B+comとの相性について知りたい人

購入した経緯

【レビュー】Arai ASTRO-GXとSHOEI GT-Air

ヘルメットを買い替えた理由は至って単純です。

  1. GT-Air購入から6年が経過した。
  2. バイクを乗り換えた。

ヘルメットの寿命は目安として3年〜5年と言われているので、十分な買い替え時と言えます。


そして、これまで使用していたSHOEI GT-Airではなく、Arai ASTRO-GXを購入した理由は4つ。

  1. Arai製のヘルメットを使ってみたかった。
  2. 発売後間もないASTRO-GXを使ってみたい。
  3. SHOEIとAraiのヘルメットの違いを感じたい。
  4. SHOEI GT-Air2にB+COMは不恰好。

バイクを購入した人で、この2つのメーカーのヘルメットのどちらにしようか、迷う人は大勢いると思います。そういった方の購入までの参考になればと思います。

Arai ASTRO-GXレビュー

【レビュー】Arai ASTRO-GX 良い点・悪い点を紹介

初めに個人的な評価をお伝えしますが、満点に近い評価で、非常におすすめできるフルフェイスヘルメットです。

おすすめできる理由など、項目別にご紹介していきます。

被りやすさ・被り心地

【レビュー】Arai ASTRO-GX 良い点・悪い点を紹介:被りやすさ・被り心地
ASTRO-GXは首元を広げやすい

まずはASTRO-GXの製品コンセプトの一つでもある、ヘルメットの脱着のしやすさについて。

この点についてはコンセプト通り、非常に被りやすく作られていると断言できます。

ヘルメットを被る・脱ぐ際に感じることの多い、こめかみ付近への圧迫感・耳が折れることによる痛みが無くなり、ストレスを感じません。

ヘルメットを脱ぐ際に感じるストレスや手間が減ったことにより、ツーリング途中で見つけたお店や休憩所へ、気軽に立ち寄ることができる様になりました。


また、被り心地については、口元(頬)への圧迫感が非常に少なくなりインカムで会話をする際に口ごもってしまっていたのが解消されたのを、実感しました。

GT-AirASTRO-GX
口元内装幅
(布内側のスポンジ幅を測定)
【レビュー】Arai ASTRO-GX 良い点・悪い点を紹介:GT-Airの幅
75mm
【レビュー】Arai ASTRO-GX 良い点・悪い点を紹介:arai astro-gxの幅
95mm
口元内装形状
(点線部)
【レビュー】Arai ASTRO-GX 良い点・悪い点を紹介:shoei gt-airの形状
直線的
【レビュー】Arai ASTRO-GX 良い点・悪い点を紹介:arai astro-gxの形状
曲線的

それもそのはず。2つのヘルメットの口元を比較してみると、写真の位置の幅がGT-Airでは約75mm、ASTRO-GXでは約95mmと大きく差がありました。(ヘルメットのサイズにより幅が変わります。)

また、測定位置から顎下までの内装の形状を見ても、GT-Airは直線的に作られているのに対し、ASTRO-GXは曲線的にできており、顔の形状を考慮して設計されていることが分かります。

話しやすさへの影響はありませんが、下唇から顎先までが長めの筆者は、Araiのヘルメットだとチンガードに顎先が軽く当たります。

口元の幅が広いことにより、安全性への懸念が心配されると思いますが、Araiのヘルメットは非常に厳しい安全規格”SNELL規格”に合格しているため問題はありません。

Sponsorink

視界

【レビュー】Arai ASTRO-GX 良い点・悪い点を紹介:視界

視界については良好で、SHOEI GT-Airと比較しても違いはありません。

正面を向いていれば、視界の上下にヘルメットの内装が見えますが、両脇を遮られることはありません。

視線を左右どちらかに向けた際は、ほんの一部、内装が視界に入りますが、邪魔に感じることはありません。

静粛性

【レビュー】Arai ASTRO-GX 良い点・悪い点を紹介:GT-Airとの違い静粛性

Araiのヘルメットは、チークパット(耐衝撃・消音用の発泡剤など)が耳元を覆う形状になっているため、風切り音やロードノイズなどを適度に遮断してくれます。

SHOEI GT-Airは、耳元に消音材などは設置されていなかったため、同じバイクでも聞こえてくる音の違いを感じることができました。

また、ASTRO-GXにインカムのスピーカーを取り付ける場合でも、耳元のチークパットは取り外さなくて良いため、インカムから聞こえてくる音声・音楽の質(聞こえやすさなど)の向上も期待できます。

SYGNHOUSE B+COM 6Xとの相性

【レビュー】Arai ASTRO-GX 良い点・悪い点を紹介:bcom6x

筆者はSYGNHOUSEのB+COM 6Xを使用しており、インカムを付けた時のディテールを損なうことなく取り付けることができていますが、風切り音が気になっています

バイクの乗車姿勢によっても、風切り音の変化(聞こえる・聞こえない)はありますが、モンキー125や400Xなどの直立に近い姿勢の時には高い風切り音が常に聞こえてきます。

これは取り付け位置を少し変えることによって解消されるかもしれませんが、いい位置を見つけることはできていません。

インカムの前方を手で押さえると風切り音が消えるため、

ヘルメット本体が鳴らす風切り音ではない。

通気性

【レビュー】Arai ASTRO-GX 良い点・悪い点を紹介:通気性

ASTRO-GXはエアーダクト(IN)が6ヶ所あるため、他のフルフェイスヘルメットと比較しても数が多いことが特徴です。

走行中は、口元からの空気の取り入れ量が非常に多く、自身が吐き出した息の滞留を感じさせないため、常に快適な状態でヘルメットを被ることができます。

これにより、暑い時期の信号待ちで感じる、ヘルメット内部の温度・湿度の上昇による不快感も軽減され、記事公開時点の気候(天気:晴れ、外気温:28℃、湿度:60%)では、信号待ちでもスクリーンを開けずに快適に過ごすことができました。

また、このヘルメットの特徴でもある、フロントロゴダクトからの空気の取り入れは、口元エアーダクトのインパクトには負けるものの、頭部の風の通りを感じることができます。

休憩時に感じる頭皮のムレが軽減された気がする!

Sponsorink

顎紐

【レビュー】Arai ASTRO-GX 良い点・悪い点を紹介:顎ひも

Araiのヘルメットは、顎紐をワンタッチで取り付けることができないため、出発までに手間がかかります。

長年バイクに乗っていれば、1度は顎紐を締め忘れます。この時に、細かい作業が必要となるAraiのヘルメットは、手袋を外さないと締めることができません。

しかしながら、ワンタッチで装着できる顎紐と比較すると、Araiが採用している顎紐の締め方は、事故の際に外れにくいため、安全性が高いと言われています。

【レビュー】Arai ASTRO-GX 良い点・悪い点を紹介:GT-Airの顎ひも

また、ワンタッチ式の顎紐は、大きな金具(ラチェットなど)が喉元にあるため、安全確認で首を振った際に金具が喉仏に当たり、不快感を感じることがしばしばありますが、

金具(Dリング)が顎紐の端にあるAraiのヘルメットは、これらの不快感も無く被ることができるため、優れている点だと感じました。

【レビュー】Arai ASTRO-GX 良い点・悪い点を紹介:Dリングの位置・インカム盗難

Araiのヘルメットの顎紐に関連して、改善するべきだと感じる点が一つあります。それは、Dリングの位置です。

AraiのヘルメットはDリングが左側SHOEIのヘルメットはDリングが右側にあります。

この問題点は、ヘルメットをバイクのヘルメットロックへ固定する際に、インカムがどの様に見えるかがポイントです。

Araiの様にDリングが左側にあると、インカムが上を向いてしまい、通行人などから丸見えとなります。物の価値がわかる人にとっては、非常に盗みやすい環境となってしまうため、必ず盗難対策(取り外しておくなど)が必要だと感じます。

それに対し、Dリングが右側にあるSHOEIは、インカムは地面側に向くため、盗難の可能性が低いと言えるのではないでしょうか。

個人での使用や転売目的で無くても、イタズラで盗む人がいるので要注意!

まとめ

Arai ASTRO-GXのレビューをしました。

最後に紹介をしたDリングの位置の問題点はありますが、機能・性能の面で多くの人へおすすめできるフルフェイスヘルメットです。

記事公開時点では種類が少ないですが、RX-7Xの様に、今後多くのグラフィックモデルが販売されると思います。

ヘルメットの購入・買い替えを検討している人の参考になれば幸いです。

  • 脱着しやすい作り
  • 通気性抜群
  • 夏場でもヘルメット内部が快適
  • 静粛性に優れいている
  • 顎紐が喉仏に当たらないため快適
  • B+COM 6Xを装着すると風切り音が気になる
  • 顎紐を締めるのが手間
  • Dリングの位置
Sponsorink

コメント